ETCカード 法人 複数枚

※このページは5分ほどで読み終わります。

法人の社長さんがETCカードを作る際に
よくある悩みがこれです↓↓↓

  1. 従業員が増えるたびに、クレジットカードをつくらないといけない。

  2. 1枚のクレジットカードで複数枚のETCカードを発行できるところはないか?

  3. 会社員イラスト

  4. 防犯上クレジット機能をつけたくない。

  5. 1つのETCカードにつき、決まった車しか使用できないのか?

↑これらの悩みをすべてクリアしているETCカードがあります。



それは、高速道路情報協同組合のETCカードです。


高速道路情報協同組合のETCカード


【高速情報協同組合】の詳細をみる



じゃあ、高速道路情報協同組合のETCカードって
どんなのか比較してみましょう。


高速情報協同組合 ETC/JCB一般法人カード


  1. 無制限に複数枚ETCカードの発行が可能
  2. 年1回の取り扱い手数料525円
  3. 利用者1名につき525円必要
  4. クレジット機能なし

詳細をみる


  1. 無制限に複数枚ETCカードの発行が可能
  2. 年会費1312円
  3. 利用者1名につき1312円必要
  4. クレジット機能がついてくる

詳細をみる

さらに高速道路情報協同組合のETCカードの
メリット・デメリットを紹介!


メリット


  1. 経費の管理がしやすくなる
  2. クレジット機能がついていないので安心
  3. ETCカードが複数枚発行可能
  4. ETC車載器を取り付けていなくても、手渡しでの利用が可能
  5. 決まった車でなくて、レンタカーでも従業員の個人の車でも利用が可能
  6. 高速道路割引30%〜50%も適応
  7. 会社員イラスト

  8. 設立して間もない新会社でも発行可能!
  9. (設立した年でも可能です。)


デメリット


  1. ETCカード発行手数料525円/1枚
  2. 会社員イラスト

  3. 取り扱い手数料 525円/1枚 (年1回)
  4. 出資金が必要 10,000円/1社
  5. (ただし、脱退時に返金されます。)

  6. ETCマイレージがたまらない

複数枚発行。さらにETCマイレージもためたいかたはこちら↓↓↓
複数枚でもETCマイレージをためたいあなたはこれ!

 

 

実は私も実際に、ETCカードを作っちゃいました。

実際に作ったETCカード

私も実際に、高速情報協同組合のETCカードを作りました。
審査は、クレジットカードをつくるみたいに厳しくはないようです。


ETCカードができるまでの流れも簡単です。
まず、高速情報協同組合の詳細ページにいきます。
↓↓↓

そこで、お申込ボタンがあるのでそこからお申込します。
会社名などを記入するのですが、5分ぐらいで済みます。
↓↓↓

それから、書類のやりとりをして早ければ10日ほどで完成します!


実際に、高速情報協同組合でのETCカードを作った流れを
画像つきで紹介しています。⇒実際にETCカードをつくるときの手順

 

 


最後に

男性イラスト

当サイトでは、ETCカードを複数枚必要としている法人(個人)の社長さん向けに作りました。
クレジット機能も無く、何枚でも必要なだけ作れるので便利なETCカードです。
ぜひとも参考にしてみてください。


【高速情報協同組合】の詳細をみる